日報

ドル円見通し5/27

投稿日:

先週22日からはコロナで開催が延期されていた全人代が開催され、香港の反政府デモに対して法的に取り締まりを強化する方針を出しており、国家分裂や反逆行為を禁ずる「国家安全法」の香港への導入が検討されています。これにより、香港の市民からは猛反発を招いており香港ハンセン株価指数は大きく下落しました。

トランプ政権からコロナ拡大の賠償を求められていた中国政府ですが、不当な賠償請求は一切受け入れないと発言するなど更なる米中問題悪化が懸念されました。

ドル円ですが108円抜けを試すものの失敗に終わりましたが、日本が緊急事態宣言の解除を受けて日経平均がレンジを上抜け大きく上昇しており、ドル円下値は堅く107円半ばから108円でもみ合っています。欧米も経済活動の再開で日欧米株価は堅調に推移しており、米製薬会社メルクがコロナのワクチンを2種類開発していると発表されたことも好材料とみられて上昇しています。

今後のドル円は、今週末は先月末のフローでロンドンフィキシングに大きく上昇したように今月は全体的に主要通貨の上昇圧力が強かったので調整の売りが入りやすくなっていることへ警戒しなければなりません。ただ、市場は楽観的な見方にあることから下がっても押し目買いのポイントとみられると考えています。

今年後半には経済指標、原油の需要と供給が回復してくる見方も広がっているのでじりじりと上値を更新してきそうです。高値掴みには注意しながら押し目を拾っていきたいと考えています。

ドル円↓

日経↓

-日報

Copyright© ガーくんFX・CFDブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.