日報

日銀金融政策決定会合

投稿日:

日銀は27日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を決定しました。

「年間80兆円をめどとする」としていた日銀の国債買い入れ額の上限を撤廃。

社債やCP(コマーシャルペーパー)の買い入れ上限も合計7兆4000億円から合計20兆円まで拡大。

と発表されました。

国債の買い入れ上限撤廃、社債やCPの購入枠拡大で金融市場へ資金を供給し、金利上昇を抑制、コロナで影響を受けたき企業の資金繰りを支援する。国民へ一律10万円の給付のための財源確保する目的がありますが、この決定内容は発表前からピックアップされており、市場はすでに織り込んでおり、他に新たな決定がなかったことで日経平均は小幅に上昇するも今月の高値を上抜けるほどの勢いは出ないとみています。もう少し上がれば高値圏で短期的に売りたい感じです。

逆に、年間80兆円の国債購入上限枠を使い切ってもいないのに、上限だけを無制限にしたところで果たして80兆円以上購入してくるのか、80兆円以上購入されないなら無制限にした意味はあるのか。という疑問も出てきます。80兆円上限まで購入したので上限をなくしさらに購入します。ならまだわかりますけど。

米国などがすでに国債購入上限を撤廃していることから足並みをそろえただけなのではという感じもします。

この結果からドル円も失望感もあり下落。ただ、織り込んでた内容だけにレンジ抜けて107.00を割ってくるような感じもしませんね。

日経もドル円も29日のFOMCまではレンジ内で推移しそうです。

-日報

Copyright© ガーくんFX・CFDブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.